読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白犬ベルゲン/スピッツファンブログ

ロックバンド・スピッツのファンブログ

「醒めない」全14曲の感想・試聴付き

醒めない

 

スピッツ「醒めない」全14曲レビュー

 

※発売から日が経ち、各曲の小話も明かされてきたので随時追記しています。

 

「醒めない」はアナログレコーディング!

こちらのブログにとても詳しく書かれていたので読んでみてください!

ongaku.hatenadiary.jp

 

 

 

今回はアルバム発売から早2日、何度か通して聴いてみた個人の感想です。

☆がついている曲がお気に入りです。

 

spitz.hateblo.jp

 

①醒めない ☆

醒めない

醒めない

 アルバムの中で1番好きな曲。草野いわく「トランペットは本物(生の音)」。ロックの初期衝動がテーマの曲…と聞いてからは「ギターはアンドロジナス」「ロック大陸の物語」「最初ガーンとなったあのメモリーに」「カリスマの服真似た」など歌詞のひとつひとつが染みてきます。まだまだ醒めない…スピッツは続いていくという曲にとらえられました。爽やかで大好きです。

 

②みなと

みなと

みなと

 3.11を連想させる…との意見もありましたが、Mステで草野はイメージとして地元の港をあげていましたね。歌詞に深みがありメロディとよくマッチしています。さすがシングルという感じ。(田村いわく…シューゲイザーではなくシューゲイザー「感」を大事にしたかった曲。口笛のスカート澤部さんはディレクター竹内さんの紹介。アコギに聞こえるけれどアコギは使用していない。アンプから出た音とギター本体から出た音を直接、同時に録音したもの)

 

③子グマ!子グマ! ☆

子グマ!子グマ!

子グマ!子グマ!

 タイトルから可愛らしい感じの曲を想像していたのですが、すごくクールな曲でした。歌詞が可愛いです。女性ボーカルが入っているのもクールな曲調を可愛くさせています。サビというか「子グマ!子グマ!」というところで曲調が変わる感じ、音楽用語でなんていうのだろう。前作:小さな生き物でいう、野生のポルカにちょっと似ています。

 

④コメット ☆

コメット

コメット

もう何度もこの意見を見ましたが、子グマからのコメットの流れ、すごくいいです。アルバムを聞く前にドラマ「HOPE」で曲を聴いていたので、自然とドラマのエンドロールが脳内に流れてきます。歌詞がストレートで「ありがとう」「さよなら」が印象的です。

 

⑤ナサケモノ

ナサケモノ

ナサケモノ

色々な音が使われていて聴いていて面白い曲です。90年代のウィンドウズ起動音のようなものや、鳴き声のような音や、トースターのような音がごちゃ混ぜになって使われています(ネジを回す音は田村のうちのムーミンキッチンタイマー。まいたのは草野)。聴いていてジャングルや南国を思い起こすような曲です。 この曲にも「ありがとう」が使われていますね。

 

⑥グリーン

グリーン

グリーン

 疾走感があって爽やか。ちょっと1曲目の醒めないに似ている気がします。サビに「グリーン」と使っていますし。あふれているよ~♪と歌い上げるところなんて気持ちよさそう。

 

⑦SJ

SJ

SJ

 「SJ」って何なんだろう?雑誌に書いてあったかもしれませんので読んでみます。→【SJの意味】結構固い雰囲気の曲ですね。サビが出だしに来ているタイプの曲です。

 

⑧ハチの針

ハチの針

ハチの針

 ライブで盛り上がりそうな曲ですね。かっこいいスピッツ!というイメージの曲です。ちょっと初期っぽい感じがするのは私だけでしょうか。アルバムの真ん中あたりにあって「まだまだ聴いてくれるかーい!」と1回テンションを上げる役割がありそうです。(聞き込んだ今となっては間奏部分がすごくお気に入り)

 

⑨モニャモニャ

モニャモニャ

モニャモニャ

 子守唄みたいな曲。聴いてると草野に膝枕されて歌われているのではないかと思わず錯覚します。モニャモニャが〜♪と歌い上げるところなんて耳に心地よいです。曲順がちょうど真ん中あたりなのも良い。

 

⑩ガラクタ

ガラクタ

ガラクタ

 みなとのカップリングだった曲。スピッツのシングルのカップリングは、いつも遊んでいますよね(笑)歌詞も特殊な感じで言葉遊びのようです。意味とかあるんでしょうか。下衆な指先、対象外のオーラ、とか…。

 

⑪ヒビスクス ☆

ヒビスクス

ヒビスクス

 最初の入りじゃサビを想像できない曲。サビで突然盛り上がるのがかっこいいです。スピッツのアルバムでいうと「三日月ロック」に入ってそうですね。醒めないについでお気に入りの曲です。

 

⑫ブチ ☆

ブチ

ブチ

 セルフプロデュース。雪風と同時期にもう完成されていて、ゴースカで披露された曲(一部歌詞が違う)。あのときは写真を撮るのに夢中でほんの少ししか記憶にありませんでしたが、改めて聞くと歌詞も可愛らしくていい曲ですね!「ブチこそ魅力~♪」っていう夢追い虫みたいな虫の声が聞こえますし(笑)

 

雪風

雪風

雪風

 2015年4月にデジタルでのみリリースされた曲。北海道のドラマの為に書き下ろされた為、雪をイメージした曲となっています。夏にリリースしたこのアルバムに入れなくても良かったんじゃないかな?とは思いますが、曲としての完成度はすごく高いですし、こうやって形になることによって、後のファンにも雪風が聴かれるきっかけになるのかなと思いました。(田村いわく…レコーディングした時期が違うということでボーカルだけ歌い直した。聞き比べてみると、確かに草野の声が違います。そこまでこだわるメンバーに感動すると共に、歌い直したこちらのバージョンのほうがアルバムの他の曲とマッチしていて凄いです)

 

⑭こんにちは ☆

こんにちは

こんにちは

 セルフプロデュース。「醒めない」が1曲目で「こんにちは」が最後というのはもう決まっていた、と草野が言っていましたが、まさしく最後にふさわしい曲。この曲の出だしと最後が最高なのですが、残念ながら試聴ではその部分は入っていません…!この「こんにちは」の終わり方、とても余韻に浸れますし、そのあとリピート再生で最初の「醒めない」へ行ったときのワクワク感がすごいんですよね。「こんにちは」を最後にもってくるのは決めていた、というのはさすがだな、と思いました。

 

 

という訳で、今のところ「醒めない」「ヒビスクス」がお気に入りなのですが、今度もっともっと聴き込むうちにまた変わっていくと思います。

 

次号のムジカでは草野がアルバムの曲を全曲解説するそうですね。作詞作曲した本人の口から解説が聞けるのが楽しみです。