白犬ベルゲン/スピッツファンブログ

ロックバンド・スピッツのファンブログ

スピッツの曲は228曲?/3050長野

 

 

自分の趣味のドラムをするうえで、スピッツの曲を全てコピーしたいという夢があるのですが、モチベーション維持の為にリストをつくりました(*^▽^*)最初はワードで作成しようと思ったのですが、味気なくなるので手書きにしました。とりあえず適当な紙に下書きです。↓↓ 

 

f:id:bonotz:20170808031136j:image

 

f:id:bonotz:20170808031138j:image

 

相変わらずの癖字(^▽^;)清書のときはもう少し綺麗にしたいです。初恋クレイジー忘れてますし。

 

それで曲数を数えてみたのですが、スピッツのインディーズ時代・カバー曲を抜かした現時点での曲数は、228曲であっていますか?

 

カバー曲はおるたなに収録されている「さすらい」や「タイム・トラベル」ですね。多分これらの曲をスピッツとしてコピーすることは無いだろうと思い、省いたのですが、含めると+6曲で234曲です。

 

昔曲数が気になって質問サイトを見たときは、300~曲という風に書かれていた記憶があります。多分インディーズのときの曲数も含めてだと思うのですが、300曲には到底およびません。Wikipediaなど自分で確認してみましたが、どうも上の表に漏れがあるような…。ありましたら教えて頂けると助かります(^^)

228曲の中にはドラムが無い曲(エトランゼや、ジュテーム?)もありますので、全曲コピーは無理だと思っていたのですが、他の楽器で代用したり譜面をつくったりして賄おうと思います!

 

今のところ練習だけしたことがあるものを数えても17曲です。道のり遠い(-_-;)最新の会報で、﨑ちゃんがかなり心に残ることを書いてくれていたので、頑張ります!まずリストをちゃんと清書します。

 

 

スピッツ3050長野、お疲れ様でした。MC色々見ましたが、三輪さんがその日、「おやき」のことをずっと「おかき」と言っていたというMCが印象に残っています(笑)。三輪さんは普段から言い間違いが多いというお話でしたね。

 

あとは長野ビックハットが冬季オリンピックの会場だったそうで、オリンピックの話題も出ていました。実際会場にも五輪マークがありましたね!

 

長野は完全にノーマークだったのですが、ライブのときくらいしか他の県に行く機会がないので、次はそういうところに遠征してみるのもいいかなあと思いました(^^♪長野の有名なものとか、そういえば全然知らないです。

 

逆に北海道にライブで来た際には…草野がお散歩したという北海道大学の敷地内や、ケイタイシャシンに収めていた札幌時計台や、﨑ちゃんが訪れた札幌駅すぐの大丸に足を運んでみるのはいかかでしょう。道民からすると特別な場所ではないですが…もしかしたら4人のうち誰かがお散歩しているかもしれないです(*´з`)

 

次は香川!野外!台風はもう過ぎ去りましたよね?

オンラインラジオでさかなクンとの対談!

 

本日8月5日は前々から告知されていた、オンラインラジオ特別回の更新日!10周年を記念して、草野が個人的に会いたかった(そしてコミュニティの書き込みにも多くあった)というさかなクンとの対談ラジオです(*^▽^*)

 

さかなクンは不思議な魅力があってyoutubeで拝見させて頂いたりと、私自身好きなので、かなり楽しみにしていました。日付が変わった瞬間聞きにいきましたよヽ(^o^)丿

 

f:id:bonotz:20170805014755j:plain

 

内容は有料コンテンツなので書けませんが、とにかく草野のテンションが高かったです。いつも聴いているオンラジとの落差が凄い(笑)。そして他の3人が…(笑)。

 

「オンラジ10周年の記念」という名目で叶った対談ですが、是非動画でも収めて欲しかったですね。

 

個人的にオンテレ生放送のときくらい思い出に残る企画となりました!こんなにテンションの高い草野も中々レアな気がしますので、まだオンラインに入っていない方は、これを機に是非加入&聴いて頂きたいです!

 

…と、今回限りで終了のような書き方ですが、対談自体はまだあと2回あります。残りの更新も楽しみです(≧▽≦)

 

 

www.sakanakun.com

公式サイトも遊びにいったのですが、イラスト検索のページがあったり、面白い工夫がありました!

 

 

 

 

 

 

【おまけ 1987→メロディー譜】

 

前回の1987→考察記事、沢山読んで頂きありがとうございました。余裕があればサイクルヒットの1曲1曲、醒めないのときと同様にまとめたいです(8月に突入しましたが、いまだにランクインしてますよね)!

 

私は「醒めない」、「ヘビーメロウ」などそのときの最新曲に入れ込む傾向があるようで、今は「1987→」熱が強すぎるあまりメロディーとギターソロ部分(単音)を譜面におこしました(笑)。曲と合わせてみたら微妙にリズムが違うところがあったり、何に使えるかよく分かりませんが、せっかくなので載せておきます。

 

 1987→(メロディー) | MuseScore

PCだと譜面が綺麗に表記されるのですが、スマホだととても見づらいのでリンク形式で貼らせて頂きます。

リンク先にいくつかありますが、ドラム譜も趣味で少しずつ作成しているので、いずれブログにまとめて載せたいです(*^-^*)

 

 

今日は3050長野ですね!最近北海道は涼しいのですが、本州はどうでしょうか…参加される方は楽しんでください♪

 

新曲「1987→」の考察、歌詞解釈

f:id:bonotz:20170725032246p:plain

 

スピッツが新しく発売したサイクルヒット2006~2017に入っている新曲「1987→」。この曲についての考察(個人の妄想)です(*^-^*)

 

目次

 

☆メンバーのコメント

 草野マサムネ

バンド30周年のタイミングということで“ビートパンクバンド・スピッツの新曲”という想定で1曲

田村明浩

収録される新曲の中でも最後に録った曲はスピッツにとって一番新しい曲です。
新曲なんだけどアマチュア時代にやっていたアレンジやフレーズをそのまま使ってたりして、かなりレコーディングでは盛り上がりました。
結成当時の自分に負けたくなかったのでギターソロバックのダウンピッキングにはかなりこだわりました。

 﨑山龍男

今年録音した新曲の中にも、結成当時を思わせるようなテンポの速い曲もあったりします。

 サイクルヒットの発売にあたり、メンバーが出した公式サイトに出したコメントからの抜粋です。「1987→」以外にも2曲新曲が入っているのにも関わらず、それぞれこの曲に思い入れがあるのか「1987→」にフォーカスして発言しているように感じます。

 

☆タイトル(曲名)

f:id:bonotz:20170725031316j:plain

上のコメント時点ではタイトル未発表。2017年6月25日にMVとともに発表されました。この「1987」というのはスピッツの結成年です。右矢印「→」は1987年からずっと続いている、1987年から現在まで、などの意味でしょう。

長すぎるので省略しただけかもしれませんが、1987→2017と区切っていないところがこれからも続くよ!という感じで良いですね(*^▽^*)

 

 

☆MV、歌詞カードの解説

そしてyoutubeの公式チャンネルにアップされたMVがこちら!

www.youtube.com

 

見ていただいて分かるように、過去のライブ映像と現在のライブ映像を一緒に流しています。シンプルですが、1987年から2017年までのメンバーの変遷を楽しむことの出来るファンにはたまらない映像です。特にギターソロのあたりが素晴らしいです。

 

また、この曲はインディース時代に演奏していた「泥だらけ」に非常によく似ているということでも話題になりました。

www.youtube.com

 

イントロ、ギターソロは全く同じですね!ドラムのフレーズもほとんど一緒でした。歌っている部分が違うだけでここまで違った感じの曲になるんですね。

 

サイクルヒットの歌詞カードに、「1987→」について竹内修さんの解説が載っていましたので、引用します。

 

スピッツの結成30周年を意識して書き下ろされた新曲。バンド結成当初、ビートパンク期にレパートリーであった「泥だらけ」という曲を下敷きにして作られている。テンポ、キー、イントロ、アウトロのリフ、ギターソロなどを同曲から踏襲している(イントロ前に一瞬出てくる音源は、1988年の自主製作カセットからのもの)。「泥だらけ」はもちろんのこと、デビュー曲「ヒバリのこころ」、結成20周年の「ルキンフォー」、2016年の最新アルバムで、ロックに目覚めた頃を歌った「醒めない」などの詞と併せて聴くと、感慨も一入。

 

そう、単にギターソロだけではなく色々なところが「泥だらけ」と一致しているのです!そしてイントロ前の音源は自主製作カセットからとのことですが、メンバーが所持していたのか、はたまたスピッツの事務所で保管されていたのか?何処かから手に入れたのか?そのまま演出として使用するところにグッときますね。

 

 

☆歌詞比較

歌詞も「泥だらけ」と比較すると、確かに『泥にまみれても』という言葉は使っているものの、全体的にみると関連性を感じませんでした。竹内さんの解説にあるように、色々な曲からイメージをもらって書いたのでしょうか?比較してみました。

 

 泥だらけ

『泥沼の中に落ちて 君の声が遠くなるなら』
『ぼくらの体は泥だらけ』

1987→

『それは今も続いてる 泥にまみれても』

 

醒めない

『まだまだ醒めない アタマん中で』

1987→

『醒めたがらない僕の 妄想が尽きるまで』

 

比較してみた結果、ヒバリのこころ、ルキンフォーとの歌詞の関連性は分かりませんでした(ルキンフォーにも1987→にも『道』という歌詞は出てきますが、色々な曲に使われる言葉のように感じるので除外)。竹内さんも、ヒバリのこころやルキンフォーと同じ、節目の曲という例えで曲名を出したのかもしれません。

 

 

☆歌詞解釈

あくまで個人の解釈ですが、「1987→」の歌詞は「泥だらけ」やほかの曲からの引用というよりは、全体的にスピッツというバンドを表した内容になっていると思います。

 

なんかありそうな気がしてさ 浮かれた祭りの外へ

→「祭り」は初ライブの文化祭のこと?

 

ギリヤバめのハコ探して カッコつけて歩いた

→ライブハウスのことを「ハコ」といいますよね。自分たちの実力以上のライブハウスのこと(ロフトとか)のことをさしているのかも

 

らしくない自分になりたい 不思議な歌を作りたい

→まさしくバンドマンである自分たちのこと

 

似たような犬が狼ぶって 鳴らし始めた音

→「犬」はスピッツ4人のこと、当初はブルーハーツ路線だったので等身大ではないその表現を「狼」としたのかも

 

ヒーローを引き立てる役さ きっとザコキャラのまんまだろう

→当時バンドブームで、いろいろなバンドと比較されこのような表現になった気がします

 

過去、「トンガリ’95」も自分たちのテーマソングのように話していましたが、ここまで自分たちを盛り込んだ曲はなかったように思います!スピッツは基本恋愛ソングですもんね(*^-^*)

応援歌のようでとても前向きになれる歌詞ですね。

 

そして「泥だらけ」の歌詞は結構普遍的なのですが、「1987→」の歌詞は今の草野にしか書けない、これぞスピッツ!という特別なものになっていますね。成長が感じられます。

 

 

☆MV、曲を聴いた感想

タイトルの部分でも触れましたが、右矢印のみで終わりが示されていないのが感慨深いですね!MVの最後でも、1987→→→→→…となっていますが矢印のみで先には何も書かれていません。5年後も10年後もまだまだ続けるぞ~っ!というメッセージであると解釈しました(笑)。

 

ファンの間で「泣ける」と話題のMVですが、私も同じく泣きそうになりました…。スピッツの30年間の軌跡を凝縮したような、感動的な映像ですよね。昔のメンバーと今のメンバーが同時に映し出される場面とか。

 

 f:id:bonotz:20170725035520j:image

↑個人的に1番好きなシーンは、ギターソロが始まって直後の田村がステージに入場するシーン(笑)。

 

曲の長さも3分間というのがちょうど良くて何回でもリピートできますね。そのためギターソロが早めに来るのですが、久しぶりにギターに注目してしまいました!基本ギターソロのときもドラムやベースなどのリズム隊ばっかり聴いているのですが、目もとい耳が奪われましたね…。ほかのパートが入ってこない。かっこよすぎます!泥だらけからフレーズ自体は変わっていないのに、人は30年でここまでかっこよくギターを弾くことが出来るのか…。

 

そして草野の歌い方が、若いころの自分を意識したのか、いつもと違う感じ(低め)に感じました!昔の自分だったらこう歌うかな?っていうのも意識したのかもしれませんね。

今回の記事を書くにあたり「泥だらけ」も結構聞いたのですが、草野の歌い方はもちろん、メンバーの演奏も若さあふれるというか、まだまだ未熟な感じですね。「泥だらけ」のあとに「1987→」を聴くとタイムスリップしたかのような、不思議な気持ちになります。

 

ファンでこうなのですから、メンバーの盛り上がりはさぞ凄かったでしょう!

田村、今回のライブで白地に「1987→」って書かれたTシャツを着てますよね!オリジナルなのかな?(笑)

  

  

☆まとめ

  • 「1987→」というタイトルはスピッツの結成年
  • インディーズ時代の曲「泥だらけ」からフレーズの多くを引用している
  • 歌詞がスピッツ自体をあらわしている

 

 

 

30周年記念曲ということもあり、多くの方がこの曲について考察しています!影響を受けやすいこともありまだ読んでいないので、全然違う解釈かもしれません。是非読んでみてください(^^♪

 

itukamitaniji.hatenablog.com

 

www.ongakunojouhou.com

 

www.hayablog.com

3050広島公演、レコードポータブルプレイヤー

広島公演お疲れ様でした(*^▽^*)当日の20時頃にはもうMCレポが上がっていて、早いなあと思っていたら2日目は17時半開演だったんですね。大体2時間弱~くらいの公演になるみたいですね!

 

スピッツファンのお友達が、広島公演に行く予定が都合でかなわず、残念な思いをされていました。友人との会話でご当地Tシャツが会場限定販売であることや、並んでも手に入らない方もいることを知りました(*_*; Tシャツは、札幌公演にて友人の分も頑張って手に入れようと思います!

 

MCでは三輪さんがサングラス😎をかけて街を歩いていたのにスピッツTシャツを着ていた女性二人組に気づかれなかったΣ( ̄□ ̄|||)話や、

 

草野が背中から生えている15センチくらいの白い毛を天使の羽だと思って大切にしていたΣ( ̄□ ̄|||)のにいつの間にか抜けていた話…など衝撃的な話が多かったですね(笑)。

 

あとは田村の目撃情報が広島の街中であったのと、﨑ちゃんのドラムが褒めちぎられていたツイートを見かけたのが個人的に印象に残りました♪(﨑ちゃんのドラムを褒めていた方はスピッツのライブが初めてだったようで、それ以上に三輪さんの容姿に衝撃を受けていました(笑))

 

私も早くライブが見たいです…あと1か月頑張ります。

 

 

 

 

話題は変わりまして、30周年を記念したグッズが出ました。

 

f:id:bonotz:20170628115037j:image

 

可愛い〜(*^▽^*)

 

電源は内蔵されていて、いつでもどこでもレコードが聴けるのだとか。 

しかもUSB端子も付いていて、レコード→CDに焼いたり出来るみたいですよ!ヘッドフォンからも聴けるみたいです!

 

スピッツグッズはなるべく買うようにしているものの、必要のないものは買わないというルールがありまして。。(タオルもTシャツも超使いまくっています)

スピッツのアナログ盤も1枚も持っていませんし、これは自分にとって絶対に必要のないもの!と分かってはいるのですが…可愛すぎて\(^o^)/しかも1番30周年という記念感がある(?)グッズのような気がするのです。

 

公式サイトによると、予約は来年の1月9日までOKみたいですので、それまでじっくり悩むかもしれません。

 

購入はこちら↓

store.universal-music.co.jp

 

 

30周年といえば、そろそろ1987→について記事を書きたいのですが、まだ1行も書いていません(;O;)影響を受けやすいので皆さんの考察とかもまだ読んでません!この記事書き終わったら少し着手しようと思います(-_-;)

 

 

結成記念日!&3050ツアーの話

 

7月17日、海の日の本日はスピッツの結成記念日です!7月はスピッツにとって重要な?七夕もあり、結成記念日もあり、節目の月ですね。

 

厳密にいえば17日は結成日ではなく初ライブの日。結成した日は覚えていない、と語っていましたが、実際今日からスピッツ結成!というような始まりではなく、4人が揃い練習をして、その過程で今の形になったのですから覚えられないですよね(-_-;)﨑ちゃんは永遠のヘルプ…(笑)。他のバンドは詳しくないのですが、結成日を把握しているものなのでしょうか。

 

 

前回の記事、ライブに参加したファンの方にコメントを頂きました!

 

しほ様 (一部抜粋です)

 

昨日名古屋ライブにいきました。7月13日です。
私がホールに着いたのは5時前でしたが、物販もガチャガチャも少し並べばすぐに買え、売り切れているものもその時点では有りませんでした。ガチャガチャは一回にできるのが10回まででそれ以上したかったらまた並んだら問題ないみたいです。五百円玉専用だったのですがスタッフの方が五百円玉に両替してくれますよ。

 

ガチャガチャは10回も出来るんですね!確か24種類あったはずですので、最低でも12回しないとコンプリートは出来ないですが、何回くらい挑戦しましょうか。

グッズの売り切れも無かったようですが、私が見た情報ではトートバックが人気で、売り切れている会場がありましたね。 ライブまでにオンラインで購入して持っていきたかったのですが、今回はネット販売が無いので、現地調達するしかなさそうです。

 

ブログを始めて日が経ちますが、一番嬉しいのはやっぱりコメントを頂くことですね(*^-^*)去年の醒めないツアーや、アメブロではゴースカのコメントなど頂いていましたが、読んでいる私も楽しくなります。貴重な情報ありがとうございました!

 

 

そして3050ツアー。なんと北海道、チケット追加販売が決定していました!余計なお世話で、「きたえーるのチケット、ちゃんと全部はけるのだろうか…!?」とドキドキしていましたので、改めてスピッツの人気を再確認することが出来ました。他会場も満員御礼、追加販売していましたよね。ひとりでも多くの方が参加できるように祈ります。

 

spitz-web.com

 

 

またオンラインメンバーズでは、ラジオにさかなクンのゲスト出演が決定!

 

f:id:bonotz:20170531022646j:plain

↑田村へのお手紙にも書きましたが、草野がずっと会ってみたいと言っていた方。

さかなクンと是非対談してほしい!という意見、多かったのでしょうか。

 

あのテンション高いさかなクンとのやり取り、聴くのが楽しみです(*^▽^*)

スピッツにも魚を題材にした曲があるんですよ~って話は絶対するでしょうね(笑)。ベルゲンのほうにも写真がのったりしたら良いですよね!ラジオでもハコフグは被るのかな!?

 

3050ツアー開始&サイクルヒット発売

3050ツアー、いよいよ始まりましたね!ゴースカ、野外、今まで色々なライブに参加してきましたが、今回のツアーはその中でもより一層特別感があり、参戦するのがとても楽しみです♪

 

私が今回行くのは8月24日の横浜アリーナ、9月16日・17日のきたえーるの3回です。ツアー後半参戦組です!

それまでは3050ツアーの具体的なレポは書けません。MCなどは目にしているのですが、やはり100%正確なものとはいえず、誤解を招くこともあるかもしれません。ですので今後はツイッターから引用せず、こんな事があったらしい、というニュアンスや公式からの引用にとどめたいと思います。

 

例えば、昨日の名古屋では草野が「日傘を購入した」とMCしていたそうです(笑)。男性でさしている方、見かけたことがない(笑)。

北海道でもこの気温ですから、購入も無理はない気がします。↓

 f:id:bonotz:20170713152122j:image

 

室内ですが信じられないくらい暑いです。ツアーでグッズに並ばれた方、大丈夫でしたか?(-_-;)今回オンラインでの販売がないので大変ですよね。よろしければ感想等いただけると幸いです。ガチャガチャも回数制限があるのか気になる。

 

ツイッターの引用(公式のみ)というのは、こんな感じです。↓

 

 

1位おめでとうございます(*^▽^*)

 

f:id:bonotz:20170713145430j:image

 

f:id:bonotz:20170713145455j:image

 

ふらっと近所の小さいCDショップへ行ったら、ちゃんと展示されていました!!メンバーひとりひとりのコメント(写真付き)あり、サインあり。 

 

f:id:bonotz:20170713145501j:image

 

 f:id:bonotz:20170713145508j:image

 

実物はこちら↓ 想像したより小さく、普通のCDケースと同じくらいの大きさでした。

 

f:id:bonotz:20170713150314j:image

f:id:bonotz:20170713150323j:image

 

箱の下から分厚いCDケースを取り出します。本のようになっていて、開くと歌詞カードと3枚のCDが入っています♪

 

f:id:bonotz:20170713150339j:image

 

インターネットで予約購入したのですが、なんとライブ会場でCDBOXを購入すると、サイン色紙がついてきたようで…( ;∀;)

発売日に手に入れることにこだわらず、次回からはもうちょっと特典なども吟味してから購入しようと思います!

 

曲についてはもういろんなところで考察や感想が書かれていると思いますが、私もモチベーションがあがれば着手したいです!(笑)

とりあえず「1987→」について、もっとメンバーからのコメントが欲しい!それこそライブ会場で色々話しているのでしょうか?(..)

「CYCLE HIT」TV

 

22日は「CYCLE HIT」TVを視聴しました(*゚▽゚*)

 

f:id:bonotz:20170623121401j:image

 

f:id:bonotz:20170623121415j:image

 

改めて大画面でみる草野は、かっこよくて可愛いかったです。

 

 f:id:bonotz:20170623121842j:image

 

コメンテーターはハライチの岩井さん。醒めないツアーのときのTシャツ着てますね!大きくSPITZと入っているので、分かりやすいと思ったのかも。

 

ロケはメンバーが初めてライブをしたという、新宿JAMで行われました。岩井さんが立っているのはその入り口です!

岩井さん、スピッツのグッズ・映像などはほぼ全て持っていると語っていました。相方の澤部さんもスピッツが好きみたいで、いきなり花鳥風月を買っていたのだとか。

 

 

まずはJAMの店内を紹介。岩井さんがロケのついでに入り口まで見にきたこと、奇抜な階段、スピッツのかすれまくった緑のステッカー(笑)。デザインは初期のものでした。ピの丸がぐるぐる巻きになっているやつです。

 

そして店長さんとお話。スピッツが出演していたときは初代店長さんだったので、現在の店長さんが聞いた話をしていました。「ライブのMCで、JAMの店長さんが三輪さんの髪型を褒めていたみたいな話を、聞いたことがあります」と、岩井さん。実際のライブ映像も流れ、「曲がいいね〜と褒められたのかと思ったら、髪型だった」とフェスティバリーナで草野が話していました(笑)。

 

そのあと画面は岩井さんのみに。DISC1〜3を順番にかけて、1曲ずつ軽くコメント。DISCごとに区切りをつけて、インタビューを受けていました。

 

 

岩井さんがスピッツを好きになったきっかけ

→実家の車の中で、お母さんがフェイクファー(アルバム)をずっとかけていたのがきっかけだそう。私も同じ理由で好きになったので(かけていたのはCYCLE HIT 1991〜1997)、親近感が湧きました(*^▽^*)

 

妹さんの名前が渚

→名前が曲名になってるじゃん、いいなーと羨ましく思っていたらしいのですが、あとから自分の名前「勇気」もデビュー前につくられていたことを知り、嬉しくなったというエピソード。

 

ひとりだけ…

→ラジオの観覧に中学生の頃応募し、見事当選!初めて見るスピッツだった。周りは女性ばかりで、中学生の男の自分は浮いていた。

 

冷たい頬

→凄く好きな曲。失恋しても強く前に進もうとしている…というようなことを言っていたような気がします。フェイクファーにも入ってますしね!

 

 

岩井さんがスピッツの曲は全部人生と共にある、というふうに言っていましたが、私もこの曲を聴いていたときはこんなとき!と思い出すことが出来るくらい、人生と共にありますね。。

 

30分間でしたが、素敵な番組でした♪

 

 

グッズが発表されたり色々起こっておりますが、まとめきれないので別記事にします(^_^;)ツアーグッズ、今回はオンラインで販売しないのかなー?