読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白犬ベルゲン/スピッツファンブログ

ロックバンド・スピッツのファンブログ

検索キーワードのQ&A【スピッツ】

ブログにグーグルアナリティクスを貼って、検索キーワードを定期的に見ています。面白い検索ワードとか、不思議な検索ワードでいらっしゃる方もいるのですが、質問っぽい検索ワードもあります。今回は私のわかる範囲でそれらに答えてみようと思います。

目次 

 

f:id:bonotz:20161012052644p:plain

スピッツメンバーそれぞれの関係

草野⇔田村 同じ大学

田村⇔三輪 幼馴染

三輪⇔崎山 同じ大学

すごく簡単に書くとこんな感じです。全員同い年。

 

スピッツ 結成日 いつ

結成した日:7月17日…となっていますが北海道でおこなわれた「ジョインアライブ」で草野は「初めてライブをした日」と語っていました。つまり結成した日まではメンバーも把握していないものと思われ、初ライブの7月17日を結成した日にちとしているのではないでしょうか。ちなみにその初ライブは文化服装学院の夏祭り

 

スピッツライブチケット 当日並べば買える?

今回の醒めないツアー、少なくとも北海道はソールドアウト、他会場もソールドアウトで立ち見席まで満席、と見ました。立ち見席がどんなものかはわかりませんが、それでしたら当日でも買える「かも」しれないという感じですね。

北海道は他の名だたるアーティストがまだチケットを売っている中でのソールドアウトでした。ツアーで来るのが久しぶり(ファンクラブのライブなどがあった為)だったからかもしれませんが。

 

スピッツライブにスピッツtシャツを着る?

結構着ている方がいらっしゃるような印象です。他のバンドのライブに行ったことがないので、比べることはできませんが、スピッツと同年代の人でも着ていたり。私も着ます。

ただ割合としては私服の方のほうが多いですかね。全く誰も着ていないということはないと思います。

 

スピッツのライブでタオルはふる?

タオルをふっている方は…見たことがないかもしれません(野外ライブだと、ふるかもしれませんが…)。みんな手を振ったりあげたりしていますよ。ライブに行けばほとんど皆さん同じタイミングであげるので、分かると思います!

 

スピッツのツアーチケットはどれくらい前に届きますか?

ファンクラブで取ったものは、大体2週間前くらいに届いたと思います。

 

スピッツカレンダーノートタイプ中身が見たい

メンバーの写真・コメントなどはありません。2013年、2016年のものを持っていますがどちらも中身はデザインが違うだけで同じだったので、毎年同じ中身だと思います。

 

過去のノートブックカレンダーの写真を載せています↓

spitz.hateblo.jp

 上の記事のほうが詳しいですが、こちらにも載せてます↓

spitz.hateblo.jp

 

スピッツ 田村明浩 動きすぎ

確かTVでロビンソンか何か…動くような曲じゃない曲で激しく動いて、事務所の社長に怒られたみたいなエピソードがありましたよね(笑)。8823で検索をかければ動いている動画、沢山見れます。

 

mステ スピッツ オオトリ いつも

調べたところ、オープニングでアナウンサーの隣にいる人がメインとして扱われているみたいです。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

スピッツはほとんどの場合、出演陣の中で最年長ということもあり、トリのことが多いみたいですね。

 

スピッツ smnって何?

今回のツアー「醒めない」のことだと思います。スピッツもグッズでSPZと略すことがあります。

 

ブチの意味・解釈

アルバム「醒めない」に入っているブチの解釈が知りたいという検索ワードで訪問される方が多いです。個人的な解釈は痘痕(あばた)もえくぼ…かさぶたでも可愛く見えるよ、というような歌詞だと思います。ブチっていうのはシミとか、なんでもいいのですが欠点を表すのかなと。

 

あまり歌詞の意味や解釈など普段考えていないので、どこかのサイトで見かけた「鈴虫を飼う」の天使から10個あずかったものは指っていう解釈を見て、そう思えばそうかもしれないとそのときはじめて考えるような感じですので(笑)。

何かのメディアで草野が喋っていたら(まだ読んでいない会報、雑誌など沢山あります)、下の記事に追記していきますね。

spitz.hateblo.jp

 

 

追記:いくつか新しいワードを追加しました。

検索キーワードはもっとたくさん取り上げたいものがあったのですが、古いものはどんどん消えてしまうようで…自分にとっては当たり前でも、他の人にとっては当たり前ではないことが沢山ある訳で、そういうことをブログで取り上げられたらなあと思いました。